太っていることで劣等感を感じていた知人がダイエットに成功し、見た目が良くなって自信がついたと言っていました。

しかし、短いスパンで痩せるのは良くないので、少しずつ痩せていくのが良いと言っていました。

食事制限をして痩せたいのであれば、カロリーを抑えて栄養バランスを考えたメニューが必要になります。

私の場合は、野菜ばかり食べていると同時に筋肉量も減ってしまうので、良質なタンパク質を摂るようにしています。

痩せた時には、ある程度食事の量を減らしますが、それでも健康を維持したいので、必要な栄養素が全て含まれていてカロリーが低い酵素ドリンクを飲むようにしています。

バスに乗って通勤するときには、つま先立ちをしてかかとをゆっくり上下に動かすなどの運動をしています。

立ったまま椅子に座っていても、足を少しだけ床から離すように動かすと、脚がかなり細くなります。

ダイエットが効果的でない理由は、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が少ないからです。

きちんと痩せるためには、食事や運動を見直すことが大切です。

そのため、栄養バランスを考えて、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くならないように心がけています。

私の過去の経験によると、どのようなダイエットをしようと決めても、余裕がなければ失敗してしまいます。

それに加えて、健康を損ねてしまう危険性もあるので、一人一人に合ったロングスパンのダイエットメニューを習慣にしていきましょう。